biography

Lycoriscoris/Yunosuke Senoo

Yunosuke Senoo aka Lycoriscoris is musician/composer based in TOKYO/Japan. He started the production of electronic music since 2009 and He released 2 Albums and digital EPs on Japanese label. In July 2016, “Transient EP” was been released on KOMPAKT KX. It was picked up by DJ Koze and “Summer Chart” by Michael Mayer, and It’s still spreading all over the world. In 2016 He joined the compilation album “Anjunadeep 08” and “Anjunadeep 09” with such as Above & Beyond, Dusky, SOHN, Kyson, Ólafur Arnalds, Tontario. And he released “Drop EP” in 2017 on the rable and it was on air on KEXP in Seattle, NTS radio.

He performs live by playing the laptop, piano, and other hardware and successfully left intense impact on such as "DOMMUNE" and many label showcase. And he performed with The Field, MARK FELL, Andreas Tilliander, Moritz von Oswald in Japan.

His work is not only as “Lycoriscoris” but as comporser who makes songs for TV and web commercial.

He is always challenging to discover the possibility of the music, and to keep making an organic sound by using Analogue and Digital equipments.

東京で活動する音楽家。幼少の頃より楽器に触れて育ち、2009年頃より本格的に電子音楽の制作を始める。国内レーベルより1枚のEPと2枚のフルアルバムをリリース。タワーレコードを中心にロングセラーを続けている。2016年7月、ドイツの名門レーベル、KOMPAKTより「Transient EP」をバイナルリリース。同作品はDJ Kozeによるピックアップや、Michael MayerのSummer Chartなどで紹介されるなど世界中で広がりを見せた。また同年12月、イギリスの人気レーベルコンピ、Anjunadeep 08にAbove & Beyond、Ólafur Arnalds、Dusky、Kysonらと共に参加。2017年、同レーベルより「Drop EP」をリリース。アメリカ・シアトルのラジオKEXPやNTS Radioなどでオンエアーされた。

「DOMMUNE」や渋温泉で行われる「渋響」、「OUT OF DOTS」、「ProjectedScape」、「sonorium」、「2.5D」、Red Bull Music Academy「EMAF」などに出演し、2012年8月には上海などの5カ所を巡る中国ツアーを行なう。 The FieldやMARK FELL、Andreas Tilliander、Moritz von Oswaldらの来日公演で共演。音楽誌、サウンド&レコーディングマガジンへのインタビュー掲載、また同誌への音響プログラミングソフトMax/MSP記事への寄稿やTVCMやwebムービーへの楽曲提供など活動は多岐にわたる。生演奏やプログラミング、サンプリング、カセット・テープなどを駆使しながら一貫してオーガニックな音像を追求しつつ、日本から世界に向けて音を発信し続けている。

discography